PR

ジオ プロダクト パスタポット|2年使ったレビュー!パスタが絶品&寸胴鍋としてもおすすめ【宮崎製作所】

ゆるく暮らしたい
記事内に広告が含まれています。

料理番組で出てきそうな
じゃっと湯切りできるパスタ鍋
ジオ プロダクト パスタポット21cmを購入しました。

ジオプロダクト パスタポット レビュー

麺を茹でる時に、普通サイズのお鍋では限界を感じていて…。

meina
meina

子ども達も成長し
一度に茹でる量が激増してます

使ってみた結果、茹でたパスタはモチモチプリプリの仕上がりに♪

ちょっとお値段しますが、買って良かったお鍋です。

こちらでは、
ジオプロダクト パスタポット21cmを使ってみたレビューを書いています。

こんな方に向けて書いています
  • パスタが好き
  • 寸動鍋も欲しい
  • ジオプロダクトのパスタポットはどんな感じ?
  • ジオプロダクトのパスタポットの使用感・サイズ感を知りたい

かなり大きなお鍋なので、サイズ感や使用感が気になりますよね。(写真付きのレビューも少ない…)

私も、一般家庭のキッチンに置いたらどうなる?が全く想像できなくて
購入を渋った原因のひとつでした。

少しでもイメージが湧くように写真も多めで書いています。

meina
meina

ぜひ最後までご覧ください♪

スポンサーリンク

ジオプロダクト パスタポット21cmの特徴(宮崎製作所 GEO-21P)

宮崎製作所のブランドである「ジオプロダクト」

新潟県蕨市のメーカーで、すべて自社・国内製造のキッチンウェア。

meina
meina

見た目はスタイリッシュでおしゃれ。
鏡のようにピカピカですよ。

ジオプロダクトの特徴 5つ
  • 服部幸應先生をスーパーバイザーに迎え作られている
  • 様々な調理に適している
    (無水・無油・余熱・オーブン・炊く・揚げる)
  • 国産ステンレス鍋
  • 全面7層構造
  • 密閉ウォーターシールの効果
    (本体と蓋が密着し、余熱・無水調理が可能)
meina
meina

いわゆる、なんでも使える

スーパーお鍋

パスタポットに関しては「茹でる」をメインに使うお鍋。
沸騰したら火を止めて蓋をして放置し、余熱のパワーだけで茹でていきます。

基本情報

仕様

材質は、主にステンレスとアルミニウム。

容量6.8L
重さ2930g
対応熱源ガス、ハロゲンヒーター、クッキングヒーター、電磁調理器(IH)、オーブン


電子レンジはNGですが、様々な熱源には対応。

meina
meina

IHとガスどっちもOKなのは嬉しい。


重さも3キロ弱と、かなりずっしりしています。

サイズ

湯切り用の網(中子)をセットした状態のサイズです。

  • 横幅 31.0cm
  • 高さ 29.0cm
meina
meina

存在感あります!

かなり大きいな…と思いましたが
サイズとしては、一般的なパスタポットと大差はないように思います。

キッチンに置いた雰囲気やサイズ感などは、後ほどまとめていますよ。

〈先に、読みたい方はコチラ〉

セット内容

IHとガスどっちもOKなのは嬉しい。
  • パスタポット
  • パスタ用中子

meina
meina

この3点セット。
他には、説明書とレシピ冊子が付いていました。

ジオプロダクト パスタポット21cmのレビュー

meina
meina

ここからは、実際に使ってみたレビュー

パスタを茹でてみた

説明通りにパスタを茹でてみました。

①お湯を沸かす

お鍋にお水を張り、沸かします。(塩も入れてます)

ジオプロダクトパスタポット レビュー
meina
meina

大鍋だから迫力ある~

②麺を入れる

麺をいれて、少し待ってから
熱湯につかるようにします。

ジオプロダクトパスタポット レビュー

③再度、沸騰させる

時々、底からしっかりかき混ぜる。
(麺のくっつき防止に)

ジオプロダクトパスタポット レビュー

④火を止め、蓋をして放置(茹で時間と同じだけ)

このまま、パッケージに書いてある時間放置します。

ジオプロダクトパスタポット レビュー
meina
meina

鏡みたいで、写り込みが激しめです。

完成

放置しただけですが、しっかりと火が通ってます。

蓋をする前に、きちんとかき混ぜる作業を怠ると麺が合体しました…。
火傷に気を付けながら、底からしっかりかき混ぜましょう!!

ジオプロダクトパスタポット レビュー

湯切りの様子は、自分で写真を撮れないのでないのですが、こんな感じ↓↓

まるごとシンクまで持って行かずに「じゃっじゃっ」とお湯が切れます。

隣のコンロに置いたフライパンにもスムーズに移動できます。

麺がおいしい!!

パスタポットとは言っても、ぶっちゃけると「大きなお鍋」なんですよね。

meina
meina

でもね
麺がすごく美味しい!!

気がするレベルではなく、明らかに美味しいと感じました。

  • 麺のモチモチ、プリプリ感
  • 時間が経っても、くたっとなりにくい
  • しっかりお湯が切れ、ソースが薄まらずおいしい

市販のソースを絡めるだけで、立派なゴハンになるので「パスタは食べたいけど、包丁とか出したくない」

そんな気分の時に最高です!

スタイリッシュで見た目がカッコ良い

ジオプロダクトを選んだ理由のひとつ。

見た目がとってもカッコ良い!!

オールステンレスなので、ハンドルまでピッカピカ。
美人なお鍋と言った所です。

この曲線とかうっとりするほど、キレイです♪

ハンドルも焦げたり、取れる恐れもないので長く使えます!

ジオプロダクトパスタポット レビュー

プロも満足するほど機能美については追及されています。

メッシュタイプの中子でそうめんもOK

パスタポットというと、パンチングタイプの湯切りもありますが
ジオプロダクトは目の細かなメッシュタイプ。

meina
meina

そうめんや冷や麦も行けるので

オールシーズン活躍

細かすぎて、麺が挟まったり…洗いにくいのでは?と思っていましたが
実際はそんなことはなかったです。

構造的に網目が重なる部分がありますが、そこも問題なく洗えていますよ。

お湯を沸かすのに時間がかかる

そもそもの容量が桁違い。

普段のお鍋と比べるのもなんですが
沸騰するまでにとんでもなく時間がかかります。

軽く20~30分は見ておいた方が良いです。

meina
meina

水道水も冷え冷えな冬は、もっと時間かかります…

※満タンまで沸かすと大変なので、
パスタ4~5人前の場合は5リットル程度で茹でています。

お湯を早く沸かしたい!!裏ワザ紹介


全てガスで沸かすと時間がかかるので、ちょっとした裏ワザを紹介します!

我が家の裏ワザ

半分を電気ポットで沸かす!!

meina
meina

我が家はタイガーの「わく子」を使用

  1. 水2ℓをパスタポットに入れ、火にかける(蓋を忘れずに)
  2. わく子で1ℓを沸かし⇒パスタポットに入れる…これを2~3回


このやり方だと、15分くらいでグラグラしてきますよ。(室温や水温で変化ありますが、大体これくらい)

すこーし手間ですが、少しでも食事の時間を早くしたい(ハラペコ)時には良いかと思います!

水(お湯)を入れると重すぎて運べない

お鍋自体の重み + お湯 + 麺 = 軽く10キロ超!?

となるほど、ずっしりとするお鍋です。

全てを入れた後の持ち運びは
まぁ本当に大変(←経験済み)

予め、どのコンロ(右か左)が調理しやすいか考える⇒鍋を置く⇒水入れる
の順序だと後々大慌てしなくて良いですよ。

meina
meina

この方が安全です!

保温力が凄くて…びっくりした

保温力がモンスター級と言っても良い、ジオプロダクト。

パスタポットは、入れるお湯の量が多くなり
当然冷めるのにも時間がかかります。

こんな事がありました↓↓

7時間くらい「お湯」だった話
meina
meina

保温力は
とんでもないレベルでした

沸かしたついでに〈もう一品作ってしまおう〉

大量のお湯を沸かしたのだから、このお湯を使わない手はない!!

  • ゆでたまご
    (卵をいれるだけ)
  • サラダチキン
    (耐熱ポリ袋に鶏むね+調味料 室温に戻したもの)

麺を取り除いた残り汁にドボンと入れて、冷めるまで放置。

meina
meina

余熱で良い感じに加熱されます!

一般家庭のキッチンに置いてみた「パスタポット21cmのサイズ感」

コンロに置く

ジオプロダクト パスタポット レビュー

隣に置いているのは、ルクルーゼの20センチ。

横幅はほぼ同じですが、高さがあります。

〈冒頭のサイズの所にもどる〉

洗うのも乾燥させるのも、ちょっと大変

お鍋としては、ツルっとしているので洗いやすいお鍋です。

コーティングのあるフライパンと違い、傷つけないように~と
そこまで神経を使うお鍋ではありません。

meina
meina

ただ、サイズがね…
大きいのでシンクを占領します。

洗う→乾燥までに場所と時間がかかります。

逆さまにしても、意外と水が切れていなかったりして(汗)

乾燥させる場所も確保が必要です。

meina
meina

ダイニングテーブルが
一時使用不能になります。

収納場所はそれなりに必要

かなり大きなお鍋なので、収納場所もそれなりに必要です。

我が家は、予定していた場所に入らなくて…
(ガスの元栓が干渉して入らなかった)

我が家ではフライパンを一部断捨離しました。

meina
meina

購入前に収納場所を考えておくのが
おすすすめ。

迷ったパスタ鍋

買う時にどちらにしようか迷ったのが、栗原はるみさんのパスタポット

meina
meina

男子ごはんでも出てくるお鍋。

使い勝手も良さそう♪

金額もほぼ一緒なので、すごく迷いました。

ステンレス製ですが、ピカピカではなく
ツヤ消しのような見た目です。

シンプルで、鍋の内側に目盛りもあり使いやすそう。

私が気になったのが、中子の網目!

はるみさんの中子は、太めの穴なんですよね。

meina
meina

そうめん…出てくるのでは!?
と気になった。

ただ、小さなザルも付属…野菜茹でる時にすごく便利

meina
meina

ブロッコリー茹でるのに使えそう!

最終的には、保温力があるジオプロダクトを選びました。
我が家はタケノコを茹でるので…保温力があった方が良いかな~という決断に至りました。

ジオプロダクトのパスタポットはおすすめ!保温力がモンスター級で長く使え大満足♪

今回は、ジオプロダクト パスタポット21cmのレビューを書いてきました。

結論、パスタ好き寸胴鍋が欲しい方にはオススメのお鍋!

  • 麺が美味しくなる
  • 見た目カッコいい
  • カレーや煮物なども大量に作れる(寸胴鍋としても)
  • タケノコも余裕で入る

保証もしっかりしていて、なんと15年のロング保証

ブランドの安心感もあります。
磨き上げなど別途料金はかかりますが、そこらの安い鍋を買うより大切に使えて良いのではと思いました。

meina
meina

大事に使おう

タケノコを茹でたり、大物調理をされる方にもおすすめです。

meina
meina

どなたかの参考になれば嬉しいです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました